« 猫集会?みたいなの | トップページ | なんか調子が変 »

2009年10月14日 (水)

ようこそ猫の喫茶店へ♪

すこしピアプロのコラボ話になってしまうのですが
こちらでも相互リンクさせて頂いている
ヴァンさんの弟子入り?として
ちょっと歌詞(もどき)を書いているのですが…

以前私が書いた歌詞(?)に
同じく相互リンクさせて頂いているこぐマさんが
作曲してくださいました
今回はそれをご紹介させてください


【個人コラボ】ようこそ猫の喫茶店へ♪ powerd by ピアプロ

歌詞(?)はこちらです

 ---------------------------------------------
 ようこそ猫の喫茶店へ♪

 聴いた鳴き声に誘われて
  少女はお店のドアを開けた
    「迷ってしまった旅人さん
     ちょっと一息つきませんか?」

  猫の姿の店員さん
  案内したのは ふんわりしたイス
    「今日のオススメはニャポリタンです♪

     ご注文はお決まりですか?」

  優しい日差しとあったか料理
  時間を忘れていつまでも
  木陰に揺れる窓のすみで
  猫のオブジェも微笑んだ

  擦り寄るその子は看板猫
  顔を見つめて ないしょ話
    「その子はあなたを気に入ったのね
     きっと良い事がありますよ♪」

  ハーブティはおもてなしの合図
  香りに誘われ猫も楽しげ

    「今日のデザートはお気に召しました?
     キャットニップもぜひどうぞ☆」

  優しい音色はレコードから
  時間を忘れていつまでも
  猫の映ったジャケットに
  なぜか懐かしい姿を見た

  「またいつでも来て下さい
   まあるい瞳がお待ちしてます♪」
    ーあなたの旅の幸運を
     この場所でずっと祈って

 ---------------------------------------------

自分の中で創作っていうのが
どうしても自分の世界観で語ってしまう悪いクセがあって
歌詞やボカロもそれが出てしまうので
ちょっと困ったなー と思っているんです

だから そういう意味で
こぐマさんのイメージ力っていうのには
毎回脱帽してしまいます

私は歌詞を書いたほうだけど
曲として見れば こぐマさんが創った世界観に近い
でも 私としてはそれが 一番嬉しかったりします

いろんな視点で解釈できる歌詞って
楽しいけれど
創るのは本当に難しいですw

今回の曲の歌詞…
私としては 当初歌詞というより
「詩」としてのイメージで書いています
それはキチンとした歌詞としては
まとめきれてないかなぁと毎回思うからw

構成力って
やっぱり絵と同じで 書いたぶんだけ身につくのかなぁと
いつも思ったりしています
それで言えば
秋刀魚を描いてる場合じゃないでしょとww

世の中にはなんでも同時にできる人もいるみたいで
私にとってそれが神業に思えますw
手が何本あるのだろうとw

私にはとても無理っぽいので
イラストはイラスト 歌詞は歌詞で
ひとつひとつ創っていきたいと思う今日このごろです

それではまたー

|

« 猫集会?みたいなの | トップページ | なんか調子が変 »

雑談っぽいもの」カテゴリの記事